2011.09.27 Tuesday 08:02

監査役との連携

 内部監査は監査役との連携が重要、ということがどの教科書にも書かれています。
実際、オーナー経営者への牽制がすべてといっても過言ではない中小上場企業において、内部監査を機能させるためには、監査役との連携が欠かせません。

でも、監査役が機能していない場合にはどうなるのでしょうか。

上場企業としての建て前上、監査役が機能していないなんてことは言えませんが、実質的に監査役が機能していないというケースは少なくありません。

そんな場合、内部監査人は、監査法人などと連携しつつ、監査役的な役割を果たさざるを得なくなります。

ただし、従業員の立場でそのような役割を果たすためには、相当のモチベーションと決意がなければ困難です。
そういう意味で、内部監査を外部委託するのは、かなり有効な手段だと思います。

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.tanakabizsupport.com/trackback/8
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.