2011.09.13 Tuesday 07:52

滞留在庫を減らすための方策(1)

 多くの中小製造業にとって、滞留在庫の問題は悩みの種です。減らしたい思いはあるにもかかわらず、一向に減らないばかりか、気が付いてみると増えていた、などということもよくあります。今回から6回に分けて、中小製造業が滞留在庫を減らすための方策を考えていきます。

Step1-(1) 取組みを始める前に(1) 〜在庫滞留の弊害をよく理解する〜

まず根本的な質問です。なぜ滞留在庫を減らしたいのでしょうか?

滞留在庫を減らすことは、簡単ではありません。今まで当たり前と思ってきた考えを捨て、日常業務を大幅に変えなければならないこともあります。社内の大きな抵抗にあうかもしれませんし、取組みに行き詰って先が全く見えなくなることもあるかもしれません。

それでも滞留在庫を減らしたいのであれば、なぜ減らしたいのかはっきりした動機を持っていなければなりません。在庫の滞留がよくないということは、誰でもなんとなくはわかります。でもそれだけでは滞留在庫を減らす取組みを進めていくことはできません。在庫の滞留が経営に対してどのような悪影響を与えるのかよく理解し、滞留在庫を減らすという固い決意があってこそ、取組みを最後まで進めることができるのです。

(以下、話を単純化するために、取引はすべて現金で行われるものとします。)

 在庫滞留の弊害 その1 〜会社のお金が減少する〜

会社(製造業)は、手持ちのお金を使って材料や部品などを購入し、従業員に給料を支払って製品を生産し、その製品を販売してお金を得ています。材料・部品を購入したり給料を支払ったりしたときにはお金が出ていき、製品を販売したときにお金が入ってくるのです。製品を販売しなければお金は入ってきません。
材料・部品を購入したり製品を生産した段階で、材料・部品や製品が資産(在庫)として帳簿に記録されますが、記録された在庫の金額は、それだけのお金が出て行ったことを示しているにすぎません。在庫となっている材料・部品は、製品の生産に使用され、その製品が販売されて初めてお金に姿を変えるのです。在庫となっている製品は、販売されて初めてお金に姿を変えるのです。
在庫が滞留するということは、その在庫の購入・生産にかかったお金が出ていっただけで、それらを使用・販売すれば入ってくるはずのお金が入ってきていないということを意味します。会社のお金が滞留在庫の分だけ減少しているということです。

在庫の滞留によるお金の減少は、会社の資金繰りに影響を及ぼします。手持ちのお金に相当余裕がある場合はともかく、通常は減少したお金を何らかの方法で補わなければなりません。方法は主に2つあります。売上を増やすことと、外部から借り入れることです。
売上を増やして減少したお金を補うためには、減少した分と同額の売上を上げればよいわけではありません。製品を販売してお金が入ってきても、原価分はお金が出ていっていますから、会社に残るのは売上と原価の差額、すなわち利益分です。つまり、売上を増やして減少したお金を補うためには、減少した分と同額の利益を上げなければならないのです。滞留在庫が100万円、利益率が10%とすると、在庫の滞留によって減少したお金を補うためには、1,000万円の売上を上げて100万円の利益を上げなければならないということです。
また、外部からの借入れによって減少したお金を補うためには、減少した分と同額のお金を借り入れなければなりません。お金を借り入れるためには、当然金利負担が発生します。
滞留在庫が100万円、金利が3%とすると、在庫の滞留によって減少したお金を補うためには、100万円を借り入れて、3万円の金利を支払わなければならないということです。

在庫が滞留すると会社のお金が減少します。減少したお金を補うために売上を増やすことは容易ではなく、外部から借り入れることは金利負担によってさらにお金の減少をもたらします。だからこそ、滞留在庫を減らす必要があるのです。

 在庫滞留の弊害 その2 〜税負担が生じる〜

使用も販売もできなくなった滞留在庫は、廃棄するしかありません。廃棄すれば、廃棄した在庫の金額分だけ会社の利益は減ります。
税金がかけられる会社の所得は利益をもとに計算されますから、滞留在庫を廃棄することによって利益が減れば所得も減り、支払う税金も少なくなります。
反対に、廃棄するしかない滞留在庫を保管していると、廃棄すれば軽減されるはずの税金を余分に支払うことになります。滞留在庫が100万円、税率が40%とすると、40万円の税金を余分に支払わなければならないということです。

滞留在庫を廃棄せずに放置していると、支払わなくてもよい税金を支払うことになります。滞留在庫を減らして税負担を軽減すべきです。

 在庫滞留の弊害 その3 〜管理の手間がかかる〜

滞留在庫を管理するためには、通常の在庫を管理するのと同じだけの手間がかかります。会社にお金をもたらさない在庫を管理するために、限られた時間を使い、限られたお金から人件費を支払い、限られた在庫スペースを割かなければなりません。そのために、会社にお金をもたらす在庫の管理やそのほかの業務が圧迫されることも少なくありません。
会社にお金をもたらさない滞留在庫の管理に使っている時間やお金、在庫スペースなどは、会社にお金をもたらす在庫の管理や、そのほかの業務のために使うべきです。


Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.tanakabizsupport.com/trackback/6
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.