2011.09.06 Tuesday 07:53

内部監査とは(1)

 今さらかもしれませんが、今日は内部監査について考えてみましょう。

企業の不祥事が後を絶たない昨今、内部統制報告制度が導入されるなど、企業の内部統制に対する関心が高まっています。
内部監査は、その内部統制の中で重要な役割を担います。

内部統制というのは、ゞ般海陵効性・効率性、∈睫格鷙陲凌頼性、事業活動に係る法令等の遵守、せ饂困諒歔粥△箸い4つの目的を達成するために、企業内のすべての者によって遂行されるプロセスであって、‥制環境、▲螢好の評価と対応、E制活動、ぞ霾鵑氾礎、ゥ皀縫織螢鵐亜↓Γ稗圓悗梁弍、という6つの要素から構成されるものです〔企業会計審議会「財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準」より〕。
平たく言うと、会計処理を正しく行い、守るべき法律を守ったうえで、効率よく経営を行うための全社的な仕組み、と言えるでしょう。

内部監査は、内部統制の6つの構成要素のうちゥ皀縫織螢鵐阿量魍笋鮹瓦Δ發里如健全な経営を行うための仕組みが有効に機能しているか、客観的な立場からチェックします。PDCAの経営管理サイクルでいうところのC(Check)にあたる部分であり、次のA(Act)につなげるためのとても重要な機能です。

*日本内部監査協会「内部監査基準」における内部監査の定義
日本内部監査協会「 内部監査基準」においては、「内部監査とは、組織体の経営目標の効果的な達成に役立つことを目的として、合法性と合理性の観点から公正かつ独立の立場で、経営諸活動の遂行状況を検討・評価し、これに基づいて意見を述べ、助言・勧告を行う監査業務、および特定の経営活動の支援を行う診断業務である。これらの業務では、リスク・マネジメント、コントロールおよび組織体のガバナンス・プロセスの有効性について検討・評価し、この結果としての意見を述べ、その改善のための助言・勧告を行い、または支援を行うことが重視される。」とされています。
内部監査は、経営活動のCheckはもちろんのこと、Checkした内容を改善(Act)につなげる役割を期待されていることが分かります。

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.tanakabizsupport.com/trackback/5
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.