2015.07.25 Saturday 08:16

売掛金の長期未回収による3つのダメージ

よくある誤解に、売掛金を長期間回収できなくても最終的に回収できれば問題ない、という考えがあります。

最終的に入金された額だけを見ると、あたかも問題がないように見えますが、隠れたリスクに目を向けると、長期未回収がどれほど会社にダメージを与えるかがわかります。

主なダメージとして、貸倒れリスクの高まり、金利負担、人件費のムダと機会損失があります。

 

1.貸倒れリスクの高まり

売掛金が長期間回収されないのは、取引先の内部オペレーションに起因する場合もありますが、大半は取引先の資金繰り状況が原因です。

取引先が資金繰りに窮している場合、時間の経過がそれを解決に導くことはまずありません。むしろ、時間の経過とともにさらに資金繰りに窮することのほうが、圧倒的に多いのです。

そうだとすると、売掛金の未回収が長引くほど回収の可能性が低くなることは明らかです。

 

2.金利負担

売掛金が回収されないということは、その分の現金が入ってこないということです。

入ってくるはずの現金が入ってこないのであれば、資金繰りに余程余裕がある場合はともかく、どこかで調達しなければなりません。それを借入れで賄うのであれば、当然利息を支払わなければなりません。回収できていれば支払わなくて済むはずの金利負担が生じるということです。

 

3.人件費のムダと機会損失

売上代金が期日どおりに入金されないときは、当然ながら入金の督促を行います。

資金繰りに窮している相手先であれば、あの手この手を使って入金を先延ばしにしようとするかもしれません。埒が明かない場合は、こちらから相手先に出向かなければならないこともあるでしょう。

これらは、期日どおりに入金が行われていれば一切する必要のない作業です。

本来不要な作業のために時間を使うだけでなく、売上をあげるために使えた時間が削られる。長期未回収による人件費のムダと機会損失は計り知れないものがあります。

 

貸倒れリスクの高まり、金利負担、人件費のムダと機会損失。

売掛金の長期未回収は、想像以上に大きなダメージを会社に与えることがお分かりいただけると思います。

売掛金というのは無利息での資金貸付と同じようなものですから、すくなくとも期日までの回収に対しては厳格な姿勢で臨みたいものです。

 

(売掛金の長期未回収がなくならない原因を調査します。お気軽にご連絡ください。)

http://tanakabizsupport.com/cash/contact.html
 

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.tanakabizsupport.com/trackback/42
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.