2015.06.20 Saturday 05:36

在庫の滞留がキャッシュ・フローに与えるダメージ

在庫の滞留は、私たちが想像している以上に、キャッシュ・フローにダメージを与えています。

主なダメージは次の3つです。

1.購入・生産に費やしたお金がムダになる

2.税負担が生じる

3.管理コストがかかる

 

以下では、この3つを詳しく見てみましょう。

 

ダメージその1 購入・生産に費やしたお金がムダになる

会社(製造業)は、手持ちのお金をもとに、材料や部品などを購入し、従業員に給料を支払って製品を生産し、その製品を販売してお金を得ています。材料・部品を購入したり給料を支払ったりしたときにはお金が出ていき、製品を販売した時にお金が入ってきます。当然のことながら、製品が売れなければお金は入ってきません。

材料・部品や製品は、購入あるいは生産した段階で、資産(在庫)として帳簿に記録されます。帳簿に数字がのっていると、あたかもそれだけの価値があるように思えますが、実際にはそれだけのお金が出ていったことを示しているにすぎません。在庫となっている材料・部品は、製品の生産に使用され、その製品が販売されて初めてお金に姿を変えるのです。同様に、在庫となっている製品は、販売されて初めてお金に姿を変えるのです。

在庫が滞留するということは、その在庫の購入や生産にかかったお金が出ていっただけで、それらを使用・販売すれば入ってくるはずのお金が入ってきていないということを意味します。会社のお金が滞留在庫の分だけムダに減少しているということです。

 

ダメージその2 税負担が生じる

使用も販売もできなくなった滞留在庫は、廃棄するしかありません。

廃棄すれば、廃棄した在庫の金額分だけ会社の利益は減ります。税金がかけられる会社の所得は利益をもとに計算されますから、滞留在庫を廃棄することによって利益が減れば所得も減り、支払う税金も少なくなります。

反対に、廃棄するしかない滞留在庫を保管していると、廃棄すれば軽減されるはずの税金を余分に支払うことになります。滞留在庫が100万円、税金が40%とすると、40万円の税金を余分に支払わなければならないということです。

このように、滞留在庫を廃棄せずに放置していると、支払わなくてもよい税金を支払うことになります。会社のお金が税金の分だけムダに減少しているということです。

 

ダメージその3 管理コストがかかる

滞留在庫を管理するためには、通常の在庫を管理するのと同じだけの手間がかかります。会社にお金をもたらさない在庫を管理するために、限られた時間を使い、限られたお金から人件費を支払い、限られた在庫スペースを割かなければなりません。その結果、会社にお金をもたらす在庫の管理やそのほかの業務が圧迫されるかもしれませんし、あふれた在庫を保管するためにお金を払って外部倉庫を借りることになるかもしれません。

会社のお金が、滞留在庫を管理する人件費や外部倉庫費用の分だけムダに減少しているということです。

 

以上、「在庫の滞留がキャッシュ・フローに与えるとんでもない悪影響」として、購入・生産に費やしたお金がムダになる、税負担が生じる、管理コストがかかる、という3つを見てきました。

 

必死になって売上を上げているのに一向にお金に余裕が出ない大きな原因の一つが、滞留在庫の放置だということがご理解いただけたでしょうか。

皆さんの日々の努力は報われなければなりません。

ぜひ、滞留在庫を減らして、一生懸命稼いだお金がムダに出ていかないようにしてください。

 

(在庫が滞留する原因を調査します。お気軽にご連絡ください。)
http://tanakabizsupport.com/cash/contact.html
 


Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.tanakabizsupport.com/trackback/37
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.