2012.02.07 Tuesday 05:48

株式公開を後悔しないために〜公開後の活用を見据えた管理制度の構築〜(6)

今日は、株式公開を後悔している会社の「後悔」理由で特に多いものの3つ目、制約の多さについて考えてみましょう。

上場会社には、有価証券報告書の作成や四半期開示など、上場していなければ必要のない事務作業がたくさんあります。

一方、それとは別に、上場するにあたっては、会社法に基づいた株主総会や取締役会などの会議体運営、労働基準法に基づいた労務管理など、上場しているしていないにかかわらず法令によって定められている事項を改めて見直しますが、その多くは実質的には上場時に初めて整備します。

前者と後者を区別することなく一気に整備するため、「制約が多い」という思いがより強くなるのかもしれません。

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.tanakabizsupport.com/trackback/28
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.